あやたママの英会話+α

田舎での日常や幼児2人の育児、また、30代から始めた英会話と日本語を使ってのフリーランスの仕事、英語の例文集など。ゆる~い雑記ブログとなっています

我が家にハムスターがやってきました!揃えた道具や飼い方をご紹介!

娘がずっと欲しがっていたハムスター、ついに先週末購入してきました!

 

ハムスター選び:

様々な種類のハムスターがいましたが、娘はこちらの白いハムちゃんが良いというので

この子を選択。

店員さんによると、オスよりもメスの方が病気になり易いそう。オスの方が強いらしいです。ただ、メスも子供を産むと強くなることがあるとか。

と言う事で、オスを購入しようと思ったのですが、この色の子はメスしかおらず・・・。

再度店員さんに確認してみると、人間でも一人一人みんな違うようにハムスターも、個体によっても違うので、メスでも丈夫な子もいます、とのこと。

何よりも気に入ったハムスターを選択することが、長く可愛がるのに大切ですよ、とおっしゃってくれました。確かに、と納得して早速どのハムスターを飼うかは決まりました。

f:id:Ayatamama:20180908073644j:plain

ハムスターを飼う際に必要となるもの:

ハムスターを飼うのには最低限の道具を揃えなければなりません。

こちらが今回購入したリスト(ご参考にだいたいの金額も記載します):

・餌 - 主食 (550円)

・ハムスター用チーズ(180円): ハムスターは動物性のたんぱく質を定期的に摂らないと気性が荒くなるそうです。

・ハムスター用のゲージ(3000円)

・トイレ(500円):トイレ、砂浴び用の砂を入れてあげるための入れ物です。

・砂(500円) :トイレの中に入れてあげます。覚えのいい子はトイレでちゃんと用を足すようになるとか!

・下に敷く木くずのマット(350円):潜って遊んだりするので2-3cm以上と厚めに敷きます。

・かじり木(350円):ハムスターは歯が伸び続けるので気などをかじって削る習性があるそう。

 ※かじり木の代わりにかまぼこの板などでも代用できるようです。ただ、割りばしは防腐剤が入っていたりしてハムスターにあまりよくないとの情報もありますので、はやり市販されているものが良いかもしれません。

☆ハムスター自体は1匹 1200-2500円程度で販売されているようです。

 

f:id:Ayatamama:20180908073616j:plain

ハムスターのお世話:

ハムスターの木くずは定期的に交換が必要です。理由は、フンなどが蓄積すると不潔ですし、ハムスターの病気にも繋がります。我が家では2日に1回、木くずを1/2程度ずつ交換しています。

餌やりは基本的に毎日。水も交換します。

私がハムスターを飼い始めて一番驚いたことは、ハムスターにヒマワリの種をあげすぎると肥満になってしまうということ!! 

ハムスターと言えば、いつもヒマワリの種をかじっているイメージ(とっ〇こハム太郎のイメージ)でしたが、種子系は脂質が多いので食べ過ぎると肥満になってしまうそうです・・・と言う事で、我が家のハムちゃんは今のところ、こちらの主食とチーズのみを食べています。

f:id:Ayatamama:20180908073704j:plain

f:id:Ayatamama:20180908073718j:plain

ハムスターを飼い始めて良かったこと:

最後に、ハムスターを飼い始めて良かったことについて触れてみたいと思います。

始めは世話が面倒なんではないか・・・臭いはどうなんだろう・・・などとネガティブな発想からずっと飼うのをためらってきましたが、現在は飼ってみて本当に良かったと思います。まず、子供たちが毎日楽しそう!!朝起きれば、「ハムちゃん、おはよう」、幼稚園から帰って来ては、「ハムちゃん、ただいま」などとみんな話しかけています。また、餌やりやゲージの掃除などを通して、少しずつ生き物を飼う事に対する責任感も出てきました。

臭いに関しては、定期的にお掃除をしてあげればほとんど気になりません。

 

もしお子さんがハムスターを飼いたい!!と言ったら、軽くあしらわず、家族の一員として迎えることも視野に入れてみると良いかもしれません。ハムスターを通しての会話も膨らみますし、お世話をしていると意外と可愛いものですよ^^

ayatamama.hatenablog.com